VR向けボーン (Humanoid形式)

VR向けボーン (Humanoid形式)

「Humanoid_Armature for VRChat」 Ver.2018/07/11 初版 Ver.2018/09/27 V1.1 Ver.2018/11/13 V1.2 作者: やぐら(https://twitter.com/adm_ygr) これは何: Unityで規定されたHumanoid形式に従って作られたVRChat向けボーンです。 Modelsフォルダには、Blender形式、FBX形式の2つのフォーマットが入っています。 解説: 以前、BowlRollで配布していたものは熊野氏の改良品であったため、新たに一から作り直したものがこちらです。 完全新作にあたり、ケモミミ用ボーン、胸用ボーン、尻尾用ボーンを追加しておきました。 必要に応じて伸ばしたり削除したりしてください。末尾にも示しましたが配布のボーンに関しては、気兼ねなく自由に お使いいただけます。 おまけ: Docsフォルダにはセットアップに役立ちそうな画像を入れておきました。 内容は次の通りです。  01.全体図  02.全体図 寄り  03.全体図 追加ボーンの図解  04.ボーン構造のツリー表示 追加ボーンの場所を示しています  05.スキニングした状態のサンプルです(胸のボーンは適当です)  06.指のボーンの図解です 蛇足のEndボーンはUnityで末節のボーンが消えるのが気持ち悪いので追加したもので、なくても動作します  07.UnityでHumanoid形式をセットアップするときの画面です ちょっとだけヒントを書きました  08.フルトラに対応させるために必要なポイントをまとめました フルトラ対応についてはモデル側での対応が必要なので、こちらを参考にしてください  http://ygr.jpn.org/index.php?%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0 ライセンス: ボーン(2ファイル):CC0 https://creativecommons.jp/sciencecommons/aboutcc0/ 同梱の画像(8枚):改変、再配布、商用利用いづれも不可 更新履歴: Ver.2018/11/13  そのままでもフルトラで使えますが、適応度を高めるために必要なポイントをまとめた画像を追加  それに準じた比率に腕と足のボーンの比率を調整 Ver.2018/09/27 V1.1  アイトラッキング対応のため、_HumanoidをArmatureに変更、EyeLeft/Rightボーンを追加(動作は未検証)  ケモミミ用ボーンのRootボーンを統合、Tailボーンの名前を変更  腕のボーンをZ軸を下になるように回転 以上

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

「Humanoid_Armature for VRChat」 Ver.2018/07/11 初版 Ver.2018/09/27 V1.1 Ver.2018/11/13 V1.2 作者: やぐら(https://twitter.com/adm_ygr) これは何: Unityで規定されたHumanoid形式に従って作られたVRChat向けボーンです。 Modelsフォルダには、Blender形式、FBX形式の2つのフォーマットが入っています。 解説: 以前、BowlRollで配布していたものは熊野氏の改良品であったため、新たに一から作り直したものがこちらです。 完全新作にあたり、ケモミミ用ボーン、胸用ボーン、尻尾用ボーンを追加しておきました。 必要に応じて伸ばしたり削除したりしてください。末尾にも示しましたが配布のボーンに関しては、気兼ねなく自由に お使いいただけます。 おまけ: Docsフォルダにはセットアップに役立ちそうな画像を入れておきました。 内容は次の通りです。  01.全体図  02.全体図 寄り  03.全体図 追加ボーンの図解  04.ボーン構造のツリー表示 追加ボーンの場所を示しています  05.スキニングした状態のサンプルです(胸のボーンは適当です)  06.指のボーンの図解です 蛇足のEndボーンはUnityで末節のボーンが消えるのが気持ち悪いので追加したもので、なくても動作します  07.UnityでHumanoid形式をセットアップするときの画面です ちょっとだけヒントを書きました  08.フルトラに対応させるために必要なポイントをまとめました フルトラ対応についてはモデル側での対応が必要なので、こちらを参考にしてください  http://ygr.jpn.org/index.php?%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0 ライセンス: ボーン(2ファイル):CC0 https://creativecommons.jp/sciencecommons/aboutcc0/ 同梱の画像(8枚):改変、再配布、商用利用いづれも不可 更新履歴: Ver.2018/11/13  そのままでもフルトラで使えますが、適応度を高めるために必要なポイントをまとめた画像を追加  それに準じた比率に腕と足のボーンの比率を調整 Ver.2018/09/27 V1.1  アイトラッキング対応のため、_HumanoidをArmatureに変更、EyeLeft/Rightボーンを追加(動作は未検証)  ケモミミ用ボーンのRootボーンを統合、Tailボーンの名前を変更  腕のボーンをZ軸を下になるように回転 以上